Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS TOMITECH AERO SOARER(エアロソアラ) No.05 グラフィティブルー

<<   作成日時 : 2006/07/16 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像 エアロソアラという名称からも分かると思いますが、いわゆる屋内用のラジコン飛行機です。 実は暫く前に注文していたものの発売が伸びに伸び、メールで発送通知が来るまで注文した事すらすっかり忘れていました(^^;

 先に便宜上ラジコンと書きましたが実際は電波で操縦するラジコン(ラジオコントロール)ではなく、赤外線でコントロールする為IRコントロールプレーンと呼ばれているようです。 赤外線での操縦の為、機体が障害物の影に入ってしまうとコントロールが効かなくなるので飛ばす時にはちょっと注意が必要。 また機体が発泡スチロール製でかなり華奢なので機体を持つ場所等も説明書で細かく指定されています。

画像 胴体は先にも書いた通り発泡スチロール製でそれに小型モーター、プロペラを駆動する為のギア&ピニオンギア、プロペラ、ラダー用の電磁石、それにバッテリーと充電端子及び赤外線受光部を兼ねるコントロール用のICユニットが搭載されています。 これだけの装備を搭載していながら機体重量は僅か3.5g!






画像 画像

 画像
 実際に飛行させる時には直前に機体を直接コントローラーに接続して充電。 約40秒で充電完了。 これで30秒程の飛行が可能です。 ただ結構消費電力は激しいらしく説明書によると単3アルカリ電池3本を使用して20回程の充電でバッテリーアウトだそうです。







 離陸は手投げ式。 とは言っても力任せに投げてはいけません(^^; 水平からやや上向き(10°位)にそーっと押し出すような感じで離陸させます。 もちろんこの時パワーコントロールレバーを動かしてプロペラを回してやらないと飛んでくれませんよ(笑)

 ただパッケージから出した状態では機体の歪みが激しく、そのままではなかなかまともには飛んでくれないので説明書を見ながら機体の調整から始めなければなりません。 私の機体は主翼が大きく右に傾いていた為、そのまま飛ばすと何もしなくても右旋回をしてしまう有り様(^^; その為手で少しずつ慎重に主翼の曲がりを修正してやる必要がありました。 何しろ何度も書くように機体が発泡スチロール製なので迂闊に曲げると折れてしまうんじゃないかと怖いんですよ。 でもその割りには説明書の調整方法で垂直尾翼や水平尾翼を手で曲げて調整しろなんて指示されているので私が思っているよりは丈夫なのかもしれませんが。

画像 そうそう垂直尾翼で思い出しましたがこの機体の垂直尾翼は上から見て大きく右に曲がって取り付けられています。 最初に見た時は不良品か!?とも思ったんですが、説明書を見るとそれで正常だそうです。








画像 不良品かと勘違いしたのはもう1つ、プロペラを駆動する為のギア。 これも1ヶ所曲がっています。 これも最初に気が付いた時にはどこかにぶつけて曲がったのかと思ったんですが、パッケージ開封直後の写真を見ても曲がっているようなのでこれも正常なようです(写真が不鮮明な為、キチンと確認が取れた訳ではありませんが(^^; 正直私もこれが異常かどうか判断しかねているので御存知の方がいらしたら教えて頂けると助かります)。 でもこの状態でモーターを回しても引っかかったりはしないので今の所は困っていないんですけどね(苦笑)


画像 コントローラーはRC飛行機等のプロポでよく使われるスティック式ではなく、レバー&ボタン方式。 モーターの回転をコントローラー左側のレバーで、左右旋回の為のラダーを右側のシーソー式のボタンで操作します。 ラダーは電磁石でコントロールしている為、以外とクイックに動くのでボタンは押しっぱなしではなくチョンチョンと指先で弾くような感じで操作してやると具合が良いそうです(まだ直線でしか飛ばして無いのでその辺の感覚は分からんのよ(^^;)



 機体の調整と充電が済んだらいよいよ離陸ですが、この機体の最少旋回半径は約3m。 つまり最低でも3m四方の部屋を確保する必要があります。 が、うちにはそんなスペースは無いので取り敢えず直線飛行でガマン(苦笑) 屋内で3m四方の場所を確保するのはなかなか難しそうなので思わず外で飛ばしたくなるんですが前述したようにコイツの機体重量は約3.5g。 ちょっとした風でもバランスを崩して墜落してしまったり、どこかとんでもない所へ吹き飛ばされてしまったりするかもしれないので屋外で飛ばすのは止めておいた方が良いでしょう。 本当はどこか体育館やホールのような所を借りられればいいんですけどねぇ。

 とりあえず3〜4回程飛ばしてみたんですが、いまだに真っ直ぐ飛んでくれません(汗) こいつを自由自在にコントロールするにはまだまだ修行が必要なようです(^^;

画像 製品は機体とコントローラー、それに機体を壁に掛けて展示する時に使う壁掛け用のフックがセットになった物が4種類。 それにキャリングケースが付いたセットが2種類発売されていて私が購入したのはこのキャリングケース付きのセットです。 周波数はA、Bの2バンドが用意されていて機体のカラーによってバンドの区別が付くようになっています。 ちなみにミリタリーグリーンとバーコードブラック、それに私が購入したグラフィティーブルーがAバンド、タトアージュレッドとカブキッドホワイト、それにドットイエローがBバンドとなっています。 このセットの他には単3アルカリ電池が3本あればすぐに(とは言っても調整は必要ですが(^^;)飛ばす事が出来ますよ。

 そしてコイツを自由自在に飛ばせるようになったら・・・・・・次の野望はコレだっ!!!

エアロソアラ キャリングケースセット グラフィティブルー (Aバンド)
エアロソアラ キャリングケースセット グラフティブルー (Aバンド)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あるばたちが、ネットで事すや、名称とか分かる
名称とかを発送しなかった。
http://www.blogpet.net/profile.php?id=1a42b1b26584e9a22a0b5de25dfeb2bd
BlogPetのそにあ
2006/07/19 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOMITECH AERO SOARER(エアロソアラ) No.05 グラフィティブルー Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる