Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS マスキング・・・そして

<<   作成日時 : 2007/03/23 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 昨日に引き続き、今日もクリティカル・マスの製作です。 レア・ベアやミス・アシュレイIIはどう進めていいのかいろいろ悩んじゃって手が止まっちゃってるもんで(^^;

画像 まず伸ばしランナーと真鍮線で翼端のピトー管の製作。 最初は真鍮パイプと真鍮線で作るつもりだったんだけど、手元にちょうど良いサイズの真鍮パイプが無かったもんで久しぶりに伸ばしランナーから作ってみました。







画像 で、マスキングですがデカールをスキャンして印刷した物を型紙にしてマスキングします。 ただしそのまま印刷すると台紙と白いラインの区別が付かないのでPhotoshopでトーンカーブを調整してから印刷しました。 白いライン以外は潰れちゃってますが型紙なんで問題無し。 そもそも白いライン部分しか使うつもり無いしね。





 塗り分けは機体の黒いラインだけ塗装して機体色の赤との境目にある白いラインはデカールを使うのでコピーから白いラインを切り抜いて垂直尾翼に合わせようと思ったら・・・・・・全く合いませんがな orz 仕方がないのでその部分の型紙は使わずマスキングテープを目分量で貼り付けマスキング。 白いラインは後から塗装する事にします。
 主翼のマスキングは特に問題無かったものの、機首部分のマスキングをしようとしたら今度は"J"の字型のライン(上の写真、左側の奥の奴ね)が片側分しか無い orz  キットには同じデカールが2枚入ってるとか不足分が別のデカールになってる等という事もなく、このデカール1枚しか入っていなかったので最初からデカールを型紙にして塗装する事前提なんですね・・・・・・ むぅ、恐るべしハイプレーン。 ホント、どこまでも苦労させ(楽しませ)てくれるキットです(苦笑)

画像 とりあえず手を動かさん事にはどうにもならないので機首部分をちまちまとマスキング。 そして胴体と主翼の繋ぎ目付近をマスキングしようとしたら・・・・・・”ペキッ”と嫌な音がして何かが飛んでいきました。 どうやらオイルクーラーの整流板が折れて飛んでいったようです orz

 きょ、今日はここ迄にしてもう寝る事にしよう(^^;;;;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ハイプレーンのスゴイところは機体だけではなかったんですね。
手出さなくてよかった(笑
この前本屋でスケールアヴィエーションを立ち読みしてたら
リノの記事が出てて、エアレーサー熱が私の中にもふつふつときそうです(^^;
yaszo
2007/03/23 08:56
ピトー管
絶対折れる!!に3000点
ドカ山
2007/03/23 12:47
 yaszoさん、こんばんは。

 これ位笑って許せないとハイプレーンは作れません(笑) って、故障しても笑って許せないと乗れないイタ車みたいですな(^^;

 スケビはちょこちょこリノの記事が出てますもんね。 是非静岡へいらしてください。 た〜っぷりと洗脳して差し上げます(笑)
 あと”なぜ彼らはプロペラ機を愛するのか?”という文庫本(http://www.ei-publishing.co.jp/bunko/054.htm)と”アンリミテッド・ウィングス”というコミックス(全2巻)はお奨めです。
あるば
2007/03/23 18:54
 ドカ山さん、こんばんは。

>>ピトー管 絶対折れる!!に3000点

 いや、その前に抜きますから(笑)
あるば
2007/03/23 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスキング・・・そして Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる