Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS F−2その後

<<   作成日時 : 2007/09/27 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 みっくみくにしてやんよぉ〜ん♪ てな訳で初音ミクの話を聞かない日がない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 ちなみに六甲おろしを歌わせるとこんな風になるらしい(笑) 個人的なイチオシはやはりネギ回しIevan Polkkaでしょうね。 いやぁ相変わらず中毒性が高いわコレ(笑)

画像 と、それはさておき本題に入ります。 デカール貼りに入っていたF−2Bはとりあえずクリアーまで吹きました。 ウォークウェイラインの一部が無くなったりしてるんですが、リカバリーするにしてもそのままではマスキングも何も出来ないのでとりあえずクリアを吹かないと先に進めません。
 で、エアブラシでクリアを吹いたら最初の一吹きでデカールが何枚か飛びました orz ハセガワのデカール粘着力弱過ぎ。 よく見るとデカールを貼った殆どの部分がシルバリングを起こしてたり浮き上がってたりしてるんですよ。 このデカール、ホントに糊付いてるんでしょうかねぇ? 一応マークソフターなんかも使う事は使ったんですが。 これから1/48のF−2を作ろうと思う人はサードパーティー製の別売りデカールを用意しておいた方が良いでしょうね。 メーカー製のデカールは全く使い物になりません。 デカールが劣化する程古いキットでも無いんだけどなぁ。 とりあえず今回はこのまま作業を進めますがこりゃリベンジしないと収まらないな。
 しかしF−2Bで失敗したとゆーのに落ち込むどころか悲壮感のかけらも無いのはやはりIevan Polkkaのせいなんでしょうねぇ(苦笑)

初音ミク HATSUNE MIKU【AA】
VOCALOID2 HATSUNE MIKU

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うむむ!前向きだなあ(笑)
F2はやっぱカコイイなぁ
確かにハセガワさんのデカールには
苦労する事が多いような気がします。
いっそ別売りにしてしまえば良いのに。
ドカ山
2007/09/28 00:27
 ドカ山さん、おはようございます。

 そうなんですよ、苦労するのはハセガワのデカールばかり(苦笑) やはり別売りのデカールが出ている物はそちらを使った方が良いかもしれませんね。

 で、F−2ですが全て複座型とはいえ松島にはウジャウジャ居ますんで機会があれば見に来て下さいね(笑)
あるば
2007/09/28 08:02
いつからあーなっちゃったんだろう、と思います。ハセガワのデカール。
先日作ったファントムは去年発売ですが、それさえなんとなく使いづらくなっていました。
カルト以外は古いキットもさっさと作ってしまえ、ってことなんでしょうかねえ。
ウイングバック
2007/09/28 16:04
 ウイングバックさん、こんばんは。

 ハセガワのデカールが使いづらいと思うのは私だけじゃなかったんですね(^^; いつの間にこんなに使いづらくなったんでしょう? 案外最初からサードパーティー製のデカールを使えって事だったりして(汗)
あるば
2007/09/28 18:42
F-2は実機に関しては色々と言われていますが、大好きなのでハセガワの48はA型を2機、B型も1機作りました。
最初の1機はキットデカールで作りましたが、つや消しクリアーをかけてもつやが消えなくて苦労しました。
私の場合半つやで塗装するのでシルバリングは最初から覚悟しています。
とりあえず所定の位置にデカールを置いて位置決めしてから、クレオスのマークセッターを塗って綿棒やつまようじで押えてシルバリングをなくすようにしてます。
あとの2機はプラッツのカルトグラフを貼りましたが、貼りっぱなしだとカルトでもシルバリングしましたね。
ろっこうたいし
2007/09/29 09:15
 ろっこうたいしさん、こんばんは。

 F−2のデカールはろっこうたいしさんでも苦労しましたか(汗) 私もマークソフターを使って綿棒で押さえたりしたんですけどダメでした。 しかしプラッツでも貼りっぱなしだとシルバリングが出るとなると、やはり最初はツヤ有りで塗った方が良さそうですね。
あるば
2007/09/29 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
F−2その後 Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる