Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS 新兵器導入

<<   作成日時 : 2008/04/14 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像 最近ちょっと気になってた工具が十和田技研のヒートペンHP-1000

 早い話がホットナイフの一種なんですがコテ先をいろいろ取り替えられるのと温度調整が出来るのがミソ。 これってうまく使えば伸ばしランナーなんかを溶かしてパテ代わりに使えるんじゃないかと思って探してたんです。 が、メーカーのサイトを見ても仙台地区で取り扱っているお店は掲載されておらず、わざわざ通販で取り寄せる程でもないしなぁと思っていた所、いつものショップへ瞬着を買いにいったら普通に棚にぶら下がってました。 まさに灯台下暗し(^^; お値段はそれなりだったんですが静岡前のこの時期、製作効率が少しでも上がるなら仕方ないか。

画像 組み立てるとこんな感じ。 付属のビットは3本。 写真で本体に付いているのが”ピンポイント”。








画像 こっちが”ウェルダー4”(右)と”カッター”(左)。 この他にもオプションとして何種類か発売されていますし、銅や真鍮の棒を使ってビットを自作する事も出来ます。








画像 コントローラーはペン本体のスタンドを兼ねていて温度は160℃から270℃まで10℃単位で調整可能。









画像 こんな具合に伸ばしランナーを使って運河彫りを埋めて。









画像 ペーパーをかけるとこんな感じ。 溶かし方が足りないと埋め込んだ伸ばしランナーがポロッと剥がれてきたりするのでちょっと慣れが必要ですが、使いこなせれば重宝しそうです。 何よりもキットと同じ素材をパテ代わりに使えるのでスジ彫りなんかもやりやすくなるでしょうし。 もうちょっと詳しい使い勝手や気が付いた事なんかはこのブログでレポートしていきますね。




十和田技研 ヒートペン HP-1000【税込】 トワダ HT1000ヒートペ [トワダHT1000ヒトペ]【RA】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ

トライアングルのフィギュアモデルをやっている野馬さんが、
ヒートペンを使い始めていて、注目していたところでした。

モールド修整につかっておられたのですが、
まさか伸ばしランナーで埋め加工とは…

ということで、レポートに期待させていただきます。
mach09
2008/04/15 00:54
こんばんは、これは注目ですね。

自分もモールド埋め用に手軽に伸ばしランナーを使える方法(環境)を探していました。
値段も良い感じですし、レポート同じく期待して待っております。
Limahl
2008/04/15 01:40
 mach09さん、おはようございます。

 私がヒートペンを知って最初に考えたのが伸ばしランナーでスジ彫りを埋める事なんですよ。 バッカニアの運河彫りをパテや瞬着で埋めたらスジ彫りを彫り直す時に苦労しそうだと思ったんで(苦笑) これから使っていくうちに他の使い方なんかも出てくるでしょうけど、その辺はその都度ここに書いていくつもりです。
あるば
2008/04/15 07:52
 Limahlさん、おはようございます。

 伸ばしランナーをパテ代わりに使うなら流し込みタイプの接着剤にランナーやプラの切れ端を入れて溶かすなんて方法もあるんですが、これだとパテ状になるまで時間がかかる上に臭いもしますからね。 もっともヒートペンでプラを溶かした時にもそれなりの臭いはするんですがシンナー臭に比べれば遙かにマシです。
あるば
2008/04/15 07:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
新兵器導入 Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる