Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/72 散香マークB その2

<<   作成日時 : 2008/09/17 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 ちといろいろあってまた製作が止まってました(^^; しかしこーゆー写真を見るとプラモデルを作ってる見たいだな。 って、プラモデルを作ってるんだった(汗)

 とりあえずコックピット周りをチマチマと。 1機は駐機状態にするつもりなんでパイロットは乗せず、代わりにシートベルトを適当に付けてみたり。 その後胴体を接着し、機関砲口部分を彫り直したり穴を開けたり。 主翼はフラップと接着シロの部分にカッターで軽く切り込みを入れて折り曲げ、下がった状態に。



画像 塗装はバンダイのインストが大雑把にしか書かれてないので途中からファインモールドのインストを参考にしてます。 しかし同じ機体のハズなんだけどバンダイとファインモールドの色指定が全く違ってたりとなかなか興味深いです(笑) まぁ模型なんて所詮個人の主観でしかないですからね。 ちなみに今回は筆塗りで仕上げるつもりです。 もう1機はエアブラシで仕上げて比べるのも面白いかもしれません。 しかしモノがスナップキットの為、いつでも組み上げて形を見られるのはモチベーション維持の為にも助かります。



 で、この散香を含むスカイ・クロラの機体についてrocketeerさんトコを始めあちこちでいろいろ言われてますが、基本的にあたしゃ何も考えてません(笑) 映画も難しい事を考えずに見てたので言われている事なんて全く気づかなかったし。
 散香のデザインについては初めて原作を読んだ時から震電をイメージしてたので特に違和感無かったし(コントラペラ(二重反転プロペラ)はちょっと驚きましたけどね)。 流石にスカイリィJ2は初めてデザインを見た時はちょっと引きましたが、劇中ではあまり気にならなかった・・・というより、劇中ではアップでばかり描写され全体が見えるカットはあまりなかったので逆にカッコヨク見えちゃったんですよね。 で、キットを眺めて叩きのめされるとゆー(苦笑) この辺は見せ方の勝利でしょうね。
 ちなみにスカイリィのデザインについては某宮崎監督(ちっとも”某”になってない(^^;)からも「あんな所にエンジンがあったらパイロットが焼け死ぬ」と物言いが付いたそうですが、押井監督は「あれは水冷エンジンだから大丈夫なのっ!」と押し切ったとか(笑) ただ今回のスカイ・クロラで私が一番好きなデザインって実は”染赤(そめあか)”なんですよ。 戦闘機のクセにデカイとか後ろが全く見えないとかいろいろ問題があってこれまた叩かれそうなデザインなんですが、だがそれがイイッ!!! ”染赤”は図面も入手出来たんで(まさか普通に壁紙として配布してるとは(^^;)、そのうち作りたいなぁなんて思ってますが、思ってるだけで終わりそうです(苦笑)

画像 と、話が脱線しましたが、要は尾翼があんなにデカイと迎角がほとんど取れず、離着陸が難しいとの事。 みんなよく見てるなーなんて思いながら記事やコメントを読んでました(笑) で、どれどれとキットを見ると・・・・・・尾翼をコレより小さくするとプロペラが地面を叩いちゃいそうです(^^; なら脚を伸ばせば良いかとゆーと、元々身体の小さなキルドレ達の体型に合わせて極限まで小さく作ってある機体なんでそんなスペースも無さそうだし、プロペラを小さくすれば即座に性能に響いてくるのでそれも出来ない。 もっともその辺は押井監督もいろいろ突っ込まれたらしく「散香の欠点はサスペンションのストロークが短く離着陸が難しい」という設定があるとか。 それに現実世界でもエアレーサーの”チェックメイト”のようにサスペンションが殆ど動かない上に機体サイズに比べて大きすぎるエンジンを積んでる、「コレで離着陸なんてトンデモナイッ!!!」なんて機体も存在するんでそれ程気にする必要は無いかと。 一応(^^;娯楽作品なんだし。 でもまぁ実際の所、劇中の飛行機は3DCGで作られてるので尾輪やプロペラが滑走路に接触しても地面にメリ込むから問題無い!とゆー所でしょうか?(コラコラコラコラーッ、ソレ設定ト違ウカラ(^^;;;;)

 まぁ早い話があたしゃバカなんで難しいコトはよくわからんからあまり深く考えずに気の向くまま手の動くままに作るだけとゆー事で(笑)



スカイ・クロラ The Sky Crawlers 散香マークB (1/48スケールプラスチックモデル)
ファインモールド
2008-09-11

ユーザレビュー:
素直にとても良いキッ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ですから、第3スラチドゥに…
とはいっても、あれも冷却が厳しそうなんですがね、こんばんわ。

あるばさんの押井愛がよーくわかります。
押井さんの何にイラっとくるかというと
あの演出ではなくてw
あのメカに対する審美眼だったりしますからねー
(それはイズブチさんもですが)

イラっ(#-_-)

ところで、染赤は262みたいな主翼ですねええもう何も迷う必要は無いっすねホントああたのしみだ

ファインのサイトから散華の側面写真を落として、
第3スラチドゥの設定画と見比べているのは激しく内緒ですが!
キラっ(゚∀゚)彡☆
Mach0.9
2008/09/17 21:01
なんか余計なこといっちゃってすみません。
せっかくの模型作りが楽しくなくなっちゃったら困ります。
あくまでも、デザイナーに対する個人的な罵詈雑言に過ぎませんので、許してやってくださいね。
なんだかんだいって、エンテ型っつうのは「ソソる」形ですね。
rocketeer
2008/09/17 21:20
Mach0.9さん、こんばんは。

押井愛とゆー訳では無いんですが、押井ワールドって私にとって心地良いんですよ。 ”紅い眼鏡”や”アヴァロン”なんてよく眠れるし(違)

で、いよいよMachさんトコで第3スチラドゥの製作が始まるんですね(と、話を流してみる(^^;)
あるば
2008/09/17 21:58
rocketeerさん、こんばんは。

デザインに好き嫌いがあるのは当たり前ですからお気になさらずに。 私だって文句言いたいデザインってのは色々ありますし(笑) 私の場合どうしても一人での作業になるので考え方なんかも偏っちゃうんで、いろんな考え方に触れる事は新鮮で参考になります。 それにあの記事のおかげで止まりかけてた散香の製作を再開出来たんで感謝してるんですよ(笑)
あるば
2008/09/17 22:02
こんばんは。
お互い、作品見るときには「押井フィルター」かかってますからね(笑)。
立体と画面とあんなに印象が違うのも珍しいというか、それだからこそ演出家というべきか。
どちらにしろ、デザイナー泣かせの監督です。
ウイングバック
2008/09/18 20:14
ウイングバックさん、こんばんは。

「押井フィルター」確かに(笑) 散香はともかく初めてスカイリィのデザインを見た時は私もそりゃないだろうと思ったんですが、劇中で見るとカッコ良く見えちゃうから不思議なんですよね。 私も映画を見なければスカイリィのキットは買わなかっただろうし。

でもスカイ・クロラのサイトで製作裏話を読んでると周りのスタッフはホント大変そうですね。 トドメに「僕らの言う事を聞いちゃダメだよ」とまで言われた日には事情を知らないスタッフは泣くしかありませんし(^^;;;
あるば
2008/09/18 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/72 散香マークB その2 Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる