Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/32 セプテンバー・フューリー その2

<<   作成日時 : 2009/04/08 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 セプテンバー・フューリーもようやくまともな作業に入りました。

 尚、セプテンバー・フューリーの記事の推奨BGMは"シェリル・ノーム staring May'n"の”射手座☆午後九時Don't be late”となっておりますのでCDをお持ちの方は今後ともこの曲を聴きながらこれらの記事を読んで頂けると現場の雰囲気が多少なりとも伝わるかと思われます(笑)

画像 てな訳で飛行機物の定番、コックピットから。 塗装は可能な限りFSナンバーで指示されているのでそれ程悩まなくて済みます。
 あ、このキットの場合、細かいパーツ類は塗装後に乾燥機に放り込むのは止めた方が良いでしょう。 何しろパーツの肉厚が薄いので迂闊に乾燥機に入れるとパーツが変形します。 ハイ、物の見事にやっちゃいました(苦笑) 右の写真でも分かる通り、バスタブ状のコックピットブロックの前端(ラダーペダルが付くあたりの奥&側面付近の隔壁)とキャノピーの下付近に付く側面パネルが曲がってしまいました。 コックピットブロックの前端は組んじゃえば見えなくなるのでそれ程気にしなくても良いんですが、側面パネルは・・・瞬着で強引に接着するしか無いだろうなぁ(^^;;;



画像 それとシートの前端が完全に割れていたので黒瞬着で補強を兼ねて埋めたんですがこれも慎重にペーパーをかけないとまた割れそうだ(^^;









画像 操縦桿も上端がちょっと歪んでいたので真鍮線と真鍮パイプで作り直し。 見て分かる通り左側がキットのレジンパーツ、右が真鍮で作り直した物です。 が、上端部分はもうちょっと修正の余地有りですね(^^;

 このキットは全体的にパーツの肉厚が薄く、取り扱いには注意が必要みたいです。





 そういえばこのキットの発売元であるフィッシャーから年内に1/32のRB-51レッドバロンが発売予定だそうです。 こりゃ買わない訳には行かないですね(笑) 今から準備しておかなきゃ。 それとセプテンバー・フューリーも在庫が少なくなって来てるみたいなので欲しい方はお早めに(メーカーの回し者モード(笑))。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レジンパーツは薄いと割れやすいですから取り扱いが厄介ですよね。
このキットもレッドバロンもお金さえあれば欲しいんですがねぇ・・・
定額給付金は全て我が家の預金になっちゃうみたいで当てになりません(笑)
ヒロシ
2009/04/08 08:51
>ヒロシさん

場合によっては他の素材に置き換えた方が良さそうなパーツが幾つかあります。 中にはあまりに薄過ぎてパーツの一部なのかバリなのか判断に悩むような物もあったり(^^;

私がキットを色々買い込めるのも独り身だからでして(汗) 私も家族がいればこうして好き勝手にキットは買えないでしょうね(^^; ちなみに仙台の定額給付金の給付予定は5月末だそうで・・・orz 静岡での買い物には回せそうにありません(苦笑)
あるば
2009/04/08 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/32 セプテンバー・フューリー その2 Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる