Garage Seven & Half Ver.B

アクセスカウンタ

zoom RSS 残務整理&新塗装ブース

<<   作成日時 : 2009/06/01 00:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 ボチボチと製作再開。 まずは残務整理って事でこの辺から気の向くままに弄ってます。

 が、ランチアなんてホイールのスポークが最初から1本欠けてるし、タイヤはそのままじゃボディに当たって入らないしでインジェクションキットなのにレジンキット並に調整の手間がかかります。 ちょっとそこまで付き合う気分じゃ無いのでホイールのスポークはプラ版を適当なサイズに切って貼付けただけで済ませ、タイヤの取り付け位置を下げるのも取り付け部その物をバッサリ切り落とし、2mmの真鍮線をこれまた適当なサイズで切った物をシャフト代わりにしてシャーシに瞬着で直接止めるとゆー恐ろしく大雑把な方法で済ませちゃいました(苦笑) まぁ気分転換で作ってて表に出す気は無いのでこれでいいのだ。

 1/100のVF-1Sは主翼の塗装とデカール貼り&クリアコートまで終わってたのでそのまま胴体に組み込み胴体を接着。 勢いで機首まで接着しちゃったけどこの辺は調整が必要ですね。

 1/72の散香も大体の基本塗装は終わってたのでそのまま勢いで組んじゃってます。 後は細部を塗装してデカール貼り&小物類の接着で終わりにしちゃおうっと(←投げやりモード(^^;)

 同じく1/72のVF-0はキャノピーにクラックが入って放置プレイされていた物。 クラックはパッと見あまり目立たないのでそのまま接着して後は知らん顔して作りましょ(苦笑)

 てな訳でまずは再発した未完成病克服の為にコイツ等を完成させる事を優先して製作する事にします。

画像 そうそう、先日火を噴いた塗装ブースはタミヤのツインファンを買って来て設置しました。 が、付属の排気ホースが短かったのでここはブラックホールに付属していた物を流用してます。 ブースの前に付いている怪しげな囲いはKWAT師匠の助言を元にフードを延長する形で段ボールで製作。 ホントこれだけでミストや臭いが激減しました。
 使い勝手はというと塗装スペースはブラックホールより一回り狭くなってるので慣れるまではちょっと塗装し辛いかな? とはいえ慣れちゃえば問題無さそうです。
 ファンの吸引力は明らかにブラックホールツインファンの方が上。 これはブラックホールが塗装スペースから出たミスト混じりの空気を直接排気ファンで(前に段ボール製のプレフィルターとペーパーフィルターはありますが)吸い出すのに対し、タミヤのは塗装スペースで発生したミスト混じりの空気を一旦ブースの外周から吸い込ませ、その後ファンによって排出させる為です。 これは先日静岡で聞いた話ではミストを一カ所に集中させないようにする為との事。 こうする事によってミストを分散させフィルターの目詰まりを軽減しているんでしょうね。 確かにブラックホールの方はあっという間にペーパーフィルターが詰まってしまいちょこちょこ交換してやる必要があったのでこの構造はなるほどと思いました。 それに直接の吸引力はブラックホールの方が上とはいえ、前述したようにフードを若干延長してやればタミヤも吸引力は何の問題も無いので塗装スペースが若干狭い事を除けばこちらの方がメンテナンスの手間等は少なくて済みそうです。


タミヤエアーブラシシステム No.34 ペインティングブースII (ツインファン)
タミヤ
2008-11-25

ユーザレビュー:
初塗装ブースではあり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残務整理&新塗装ブース Garage Seven & Half Ver.B/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる