<最近読んだ本>「一万二千㎞の憂鬱」/鈴木秀行

 実は私、スーパーセブンとゆー車が大好きでして。 このブログや放置プレイ中の本家サイトにも使っている"Seven and Half"とゆータイトルもスーパーセブンのバリエーションから取った名前です。

 あ、ブログのタイトルが"Seven & Half"になっているのは字数制限の関係です(^^; 

 ちなみに"7 1/2(Seven and Half)"ってどんな車かとゆーと、レースでクラッシュして修理の為にメーカーに戻って来たロータス セブンMk.Iを現場のスタッフがコーリン・チャップマンの許可を取ってワークスのパーツを使い、よってたかって修理&改造した車だそーです。

 話が横道に逸れましたが、実はこの本昨年読んでるんですけど最近また読み返したので紹介しておきますね。

 このスーパーセブンという車、車好きの方ならばすぐにあの独特のクラシックカーのようなスタイルと共に”壊れやすい”、”うるさい”、”燃費悪い”、”狭い”、”荷物が積めない”、”雨が降るとびしょ濡れになる”等とネガティブな事ばかりが思い浮かばれると思います。 実際その通りなのでそー言われちゃうと何も言い返せないんですが・・・・・・(汗) でもこの車はそんな欠点すら愛おしく思える程、運転するのが”楽しい”車なんですよね。

 で、その”楽しい”車で1ヶ月かけて日本一周とゆーおバカな事(誉め言葉です・・・一応(^^;;;)をやっちゃった人、それがこの本の著者である鈴木秀行氏です。

 旅は読者の予想通りトラブルから始まります。 何しろ初日からオイルをブチ撒けてますから(^^; こんなで調子で様々なトラブルと戦いながら行く先々でいろんな目に合い、いろんな人と出会い、そしてまた旅を続ける。 これはその鈴木氏と相棒の”バーキン7”の日本一周の様子を書き綴った本です。

 ただページ数が少なく(200P)旅の様子が事細かに書かれている訳ではないのでその辺がちょっと残念ですね。 特に私の住んでいる東北地方の太平洋側なんかはきれいさっぱり省かれてますから(^^; それでも読み終わった後に”自分もこんな旅に出てみたい”と思わせてくれるのはやはり実際に日本一周した人の言葉だからでしょうね。

 ちなみに著者の相棒であるバーキン7は日本一周の旅から帰ってオーバーホールの為に工場入りし、出て来た後に事故で全損してしまったそうで(^^;;; 現在鈴木氏は”フレイザー FC-4”というカプチーノのエンジンを積んだ”軽”規格のセブンに乗られているそうです。
 しかしこのセブンって車、コスワースチューンのバリバリのレーシングエンジンを積んだモノから軽のエンジンを積んだモノまで、ホントいろんなバリエーションがありますね。 まさにセブン一族(笑)

・『一万二千kmの憂鬱―スーパーセブン日本一周道中記』
  鈴木秀行著 新風舎刊 1680円(税込)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Mach0.9
2005年07月17日 01:10
ああ、やっぱり…
ガレージ セブン&ハーフとあるから、ひょっとしてロータスセブン系列(^^;のファンの方なのかな、と薄々思っていました。

おいらのすんでいる周辺に、セブンを扱う店があるらしく、ダークグリーンのセブンが走っているのを時々見かけますよ。と、何の脈絡も無く書いて見たりして(w
おいらは良く知らないので、ああ、セブン乗りがいるんだなあ。首都圏の国道で大変だなあ、と。
道路は死ぬほど熱い上に、トラックもいっぱいで。
あるば
2005年07月17日 07:56
Mach0.9さん、おはようございまーす。

 やはりバレてました? > ネーミング(^^;

 私の行動範囲内にもケーターハムとバーキンを扱うお店がそれぞれ1軒ずつあるので前を通る度に涎を流しながら展示されているセブン達を眺めてます(^^; 私にとっては「いつかはセブン」って車ですね。
 確かにセブンで一般道を走ってるとトラックには煽られるは、横に並ばれると排気管が顔の高さに来て思いっきり排ガス浴びるは、前の車が撥ね上げた小石は飛んで来るはで大変なようです。 でもミニスカートのお姉ちゃんの側を通る時は天国だったりして(笑)
ジツシ
2005年07月18日 10:36
ジツシです。

えー、わたしはウルトラセブンとハーフトラックタイプBの意味だとばかりおもってましたよぉぉぉぉ。

その割にはどちら系統の模型もないので不思議がってたりして。:-P
こっくこうたいし
2005年07月18日 13:31
あるばさん 始めまして、この度カトーさんの「爆撃・鮫歯・銀色の夕べ」にエントリーさせていただいたろっくこうたいしと申します
ブログを拝見していたらセブンのことが出ていたのでコメントさせてください

私、11年間セブンを飼ってます、1,700スパースプリント OHVの普通のエンジンのやつですがウェーバーの吸気音がたまりません
走行距離は11年間で16,500キロ、ここ数年は年間1,000キロも走ってません
家族からは「捨ててしまえ」と文句を言われながら持ち続けてます
走ることが目的の車で実用性は全くありませんが所有していることだけで満足してます
スピードがでていなくても気持ちいいですヨ(運転はへたです)
あるば
2005年07月18日 20:11
こんばんはぁ。

>ジツシさん
 実は私、怪獣とか怪人って苦手なんですよね。 そんな訳でウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズなんかはあまり見てないんです(^^; ”B”は2番目って意味でのBとBlogのBをかけてます。

>ろっくこうたいしさん
 初めまして。 セブン乗りがこんな所に居られるとは。 セブンとの生活は羨ましい限りです。 私なんて憧れだけで終わっちゃってますもん(^^; 走る為だけの車なんて素敵じゃないですか。 スピードなんて二の次です(笑)

 あ、捨てる時は御一報下されば拾いに行きます(爆)
ろっくこうたいし
2005年07月18日 22:34
あるばさん、どこかに「モデルカーレーサーズの№13~16をさがしいる」と書いておられたと思いましたが。(どこに書かれていたか見つからなくて)
行きつけの模型店に1冊在庫があって№12か13か16のどれかだったと思うので近日中に確認してみます
もし№13~16のうちのいずれかなら手に入れられると思いますから、連絡しますね

(車は私も好きなもので全冊もってますが、1冊ずつしか手持ちが無いので手放せません。ゴメンナサイ)
ドカ山
2005年07月18日 23:43
こんばんは、意外にも熱い車エンスーの会話になってますね。
横レス恐縮です。
ろっくこうたいし様、はじめまして。ドカ山と申します
スーパーセブンにお乗りとのことで、ご苦労も多いかと推察します
ところでアルミむき出しの部分のお手入れはいかがされてますか?
ウチのDucatiのクランクケースが白く粉吹いて大変困っております。
よい知恵があれば、教えてください
あるば
2005年07月19日 00:10
こんばんはぁ。

>ろっくこうたいしさん
 お手数をおかけします_(^^;_ モデルカーレーサーズは12号までは揃っているんですが、その後の号は何故か買ってないんですよね。

>ドカ山さん
 セブンオーナーには”キラーリ”という製品が評判良いようです。
「Pushrod」というベスパ専門ショップのオリジナル製品だそうです。 こちらから購入出来るようですよ。
http://www.e-pushrod.com/bcf_shop/getProduct.do?pid=5028990&cid=4789101087202107059
ろっくこうたいし
2005年07月19日 06:15
どか山さん、はじめまして。ろっくこうたいしと申します。
ホームページやJANO CONでいつも拝見させていただいております。よろしくお願いします。
アルミの手入れですが、私もセブンを手にいれた端こそ良い物は無いかいろいろと捜し回ったんだすが見つかりませんでした。せいぜい「ピカール」で磨いてWAXをかけている程度です。
良い知恵がなくてすみません。
Ducatiを持っておられるなんてうらやましいです。
それで「ドカ山さん」なんですね。
私は二輪免許は中型しか持ってないので尊敬しちゃいます。
(じつは中型免許も自動車学校でしか運転したことがないペーパードライバーなんです。)
>あるばさん
情報ありがとうございます。「Pushrod」ほしいです。

あるば
2005年07月19日 08:19
ろっくこうたいしさん、おはようございます。

 ちょっと書き方が悪く、混乱させてしまったみたいで申し訳ありません。 「Pushrod」はお店の名前です(^^; 製品名が”キラーリ”。
 どうもブラウザによっては先のリンクが上手くいかないみたいなので、その場合は
http://www.e-pushrod.com
から入って、Shop → Oil & Lifestyle で2ページ目に”キラーリ”が掲載されています。
ろっくこうたいし
2005年07月19日 20:40
>モデルカーレーサーズ
夕方行きつけの模型店によってモデルカーレーサーズの確認をしてきました。
ジャーン№13でしたヨ
ふざけてすいません・・・
主人に譲ってほしいと頼んだら「いいよ」の一言でただでもらえました。
という次第でよろしければ郵便代を負担いただけばお送りします。
状態は、表紙に擦れ、焼け、右上の若干の折れがありますが、中のページはきれいです。
私のブログに表紙の写真をアップしてますので見てみてください。
http://wind.ap.teacup.com/phantomcat/
あるば
2005年07月19日 21:09
ろっくこうたいしさん、こんばんは。

 わざわざすみません(^^; 送料着払いで会社の方へ送って頂けると助かります。 ろっくこうたいしさんのメアドが分からなかったので、そちらのブログにメアド共々コメントしておきました。 お手数をおかけしますがよろしくお願いします_(^^)_
淑子
2018年06月06日 13:48
私も初代バーキン7を購入したころにこの本を買って、ワクワクして読みました。
友達に貸して戻ってこないので、もう1冊買おうと思ったら・・・、アマゾンで12000円になってました。(;'∀')
初代のKENTは追突されて廃車、今は2LのZETECに乗っています。(非力な私にはKENTの方が扱いやすかったです・・)
乗れる時期が少なく、不具合も多くお金もかかるので、車検のたびに手放そうと思いつつ、セブン歴も16年目になりました。
やっぱりこの車に替わる車はありませんね。大事にしていきたいです。
あるば
2018年08月04日 17:04
暫く放置してたのでコメントに気付くのが遅くなってすみません(汗)
この本は私もお気に入りで偶に引っ張り出しては読み返してますが、今はプレミアが付いて凄い値段になってるんですね(汗)
そしてセブンにお乗りなんですね。 オーナーの方々の苦労話はよく聞きますがそれでも羨ましいです。 私もいつかはセブンとは思いつつ、最近はABARTH 124spiderが気になってます(笑)

この記事へのトラックバック