本塗装、でもって・・・・・・(^^;

画像
 サフの乾燥後、あちこち触っていると、やはり所々サーフェイサーが剥がれてきてしまいました。 ちとタミヤのサーフェイサーを過信し過ぎたようです(^^; 面倒がらずにプライマーを先に塗っておくべきでした。 これから作る方は先にプライマーを塗っておきましょうね(^^;

 本当ならば一皮剥くつもりでペーパーを全体にかけ、サフをあらかた落とした後にプライマーからやり直すんだけど、さすがにそれは面倒なので全体にざっとペーパーをかけ、剥がれやすい所のサフを一通り落としてしまい、それから全体にプライマーを塗ります。 プライマーが乾燥したらもう一度全体にサフを吹き、おかしな所を修正。 結構目立つ跡がいくつかあるのでまたパテからやり直し orz ヒーコラ言いながら何とか修正、再度サフ吹き。

 さぁこれでやっと塗装に入れるぞ・・・・・・と思ったら手持ちの塗料に”軍艦色2”が無かった orz 飛行機に使う色ならあらかた揃っているんだけど船は初めてだからなぁ(^^; てな訳で慌てて”軍艦色2”を買ってくる(苦笑)  

 で、考証も空気遠近法もウェザリングもな~んも考えずに素直にエアブラシで吹き付けます。 缶スプレーや筆塗りの人は焦らずゆっくり、薄く少しずつ何度も塗り重ねていきましょう。 その方が結局はきれいで早い(ハズ(^^;)です。 あ、筆塗りの方は塗料を溶剤で薄めるのを忘れずに。

 窓枠は黒で塗りつぶすように指示されているのでエナメル系のつや消し黒で。 面倒ならガンダムマーカーやコピックモデラーで塗りつぶすってのも良いでしょう。 下地がラッカー系なら溶ける心配も無いしね。 もし下地の軍艦色2をアクリル系等で塗ってしまっていたら黒の油性サインペンでもいいかも。 何、このスケールだ。 言われなきゃ誰も分かりゃしませんって(無責任モード)(注:本当にやる場合は目立たない所で試してからにしましょーね(^^;;;)

 てな訳で1週目終了・・・・・・・・・・のハズだったんですが、一部に色が薄い所があり窓付近をマスキングして吹き直し。 で、マスキングテープを剥がしたら・・・・・・


 この通り思いっきりやっちまいましたよ(泣) てな訳で1週目まだ続きます(^^; 次回からはリカバリー編って事で(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Mach0.9
2005年09月17日 00:16
すごいですねえ。
敵は定期的に来襲しますからねえ。あるばさんくらいがんがん迎撃しないと、
物量に圧倒されてしまいますねえ。


…やっぱり、プライマーにはアレを使われたんでしょうか?
あるば
2005年09月17日 08:09
Mach0.9さん、おはよーございマース。

 実はある程度まとまって来襲してくれた方がまとめて組み立て出来るので歪みが少なくなるんですよ(笑) サン・ファン・バウチスタ号では結構それで泣かされましたから。

 プライマーは当然例のアレです(笑) とゆーより一度アレ使っちゃうともう模型用には戻れませんね(^^;

この記事へのトラックバック