よみがえる空-RESCUE WINGS

 航空自衛隊の中でも花形の戦闘機部隊の話ではなく、比較的地味な(失礼(^^;)救難隊を舞台にしたアニメーション。 軟弱な萌えアニメ全盛の今、久しぶりに硬派でハードな内容の作品です。 私はやはりこういった作品の方が好きですね。

 実はこの作品、仙台では放送してないんですがスカパーのAT-Xで放送との事で急遽AT-Xに加入。 しかしAT-Xの視聴料って高いっすねぇ。 私は他に3局契約してるんですが全部足してもAT-X1局の方が視聴料が高いとゆー(汗)

 まだ第1話という事で主人公が小松救難隊に配属されただけですが、ラストに大地震が発生した為、次回からは早速彼らの過酷な救難作業が描かれるようです。 

 空自の救難隊については兵士を見よ(AA)で読んだ程度の事しか知りませんが、それでも彼らの訓練やミッションが我々一般人には想像も出来ない程に過酷なものである事が分かります。 しかしそれでいて彼らにスポットライトが当たる事は無く、マスコミの取材等でも救助した側の彼らは全く無視し、救助された側の事しか記事になりません。 更に救助に失敗したとなるとそれこそボロクソに叩かれます。 しかし彼らが出動するのは警察や消防等他の救助隊が救助を諦めた時だけ。 つまり彼らが出動するのは通常では考えられないような現場ばかりであり、彼らが救助出来なければ他に誰も遭難者を救助する事は出来ないという事です。 

 そんな彼らの事を世間に少しでも知ってもらおうと制作されたこの作品、私は出来る限りの応援をしたいと思います。

 てな訳でこりゃ英国幽霊の製作が終わったら一人救難隊祭りかな?(笑)

よみがえる空-RESCUE WINGS

レスキューウイングス 1 (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KWAT
2006年01月12日 09:58
 ウチはテレ東で見れるんで、録画して翌日見たんですが、地味ですね(爆)。でもワタシも『ベストガイ』なんぞよりこういうほうが好きです。空自で唯一、常に実戦(訓練だけでなく本番も、ってこと)を経験してる部隊なだけに、もっとスポットライトを当ててもバチは当たらないと思いますねぇ。

 ワタシも救難隊ネタのキットもたくさん持ってるんですが、去年6機も回転翼作ったんで今年はジェット作りたいんですよね。(^^;;
あるば
2006年01月12日 18:42
 KWATさん、こんばんは。

 確かに地味ですよね(^^; だがそれがイイ(笑) 

 で、救難のジェットとゆーとU-125Aですか? ちょうどエアフィックスからDOMINIE(HS125)が再販になってる事だし(笑)
KWAT
2006年01月13日 10:22
 なにを仰るうさぎさん(笑)。エアのアレと空自のソレとでは似て非なる機体であることはよ~っく知ってますから。まだマッチのアレ(-600)のほうが似てなくもないですよ。って墓穴掘ってどーする。
あるば
2006年01月13日 22:11
 おぉ、マッチのアレを改造しちゃいますか。 って、やはりどっかからきちんとしたU-125Aを出して欲しいですよね。 最悪、食玩のオマケやバQでも(笑)

この記事へのトラックバック

  • よみがえる空

    Excerpt:  「どうでしょう」と一緒にまとめて1話と、先日の2話を拝見。  漫画及びアニメは絵から入る人なので(どんなにストーリーが 良くても絵が下手だったら駄目!)絵からチェックす� Weblog: ねこすけのオキラク日記帳 racked: 2006-01-18 21:27