霞目駐屯地創立49周年記念行事

画像
 毎度お馴染み霞の目です(笑) 今日は風が強く、寒くて震えながら撮影していました(^^;

 先月上旬にLR-1が霞の目からいなくなってしまい(丘珠に移動になったそうです)子供の頃から頭の上を飛び回っていた機体が見られなくなりちょっと寂しかったんですが、今回の行事に合わせて一時的に戻って来ていたようです。 個人的には霞の目というとLR-1なんでやはりこの機体がいないと始まらないんですよね。

 今回の行事に参加した機体はLR-1の他に同じく子供の頃から馴染んでいるUH-1とOH-6D、八戸のAH-1SとOH-1、習志野のCH-47、海自からSH-60Jと空自の松島救難隊からUH-60J、民間からはセスナ等が数機とグライダー、レッドスバル2機、それに国土交通省と宮城県警、宮城県、海上保安庁、消防の各ヘリが1機ずつ、更に風が強くて飛行展示は中止になりましたがモーターパラグライダーが参加していました。(注:私、民間の機体は全くわかりません(^^;;;)
画像 画像 画像


 今回は特に警察、消防、海保、宮城県、空自の各レスキューが同時に救難展示をするというレスキューファンには嬉しい飛行展示がありました。 
画像 画像

画像 画像

画像 画像

 最後の写真ではバブルウィンドウのありがたみがよく分かりますね。 ちなみに陸自のレスキューはこの後、陸自のみ(UH-1H 2機+救急車)でのデモンストレーション。
画像

 しかしよみがえる空-RESCUE WINGSの影響なのか(仙台では放送していないんですが(^^;)全ての飛行展示終了後に各ヘリが着陸した時にはみんな空自のUH-60Jに向かって走り出していたとゆー(笑)
画像

 その空自のUH-60Jですが、今回飛来した機体は新しいブルー系の迷彩塗装を施されていました。 最初に遠目に見た時には陸自のUH-60JAかと思ったんですがよく見たら救難のUH-60Jでちょっとびっくり。 松島救難隊は以前にも一度このブルー系の迷彩にした事があったんですが、その後通常の白/オレンジの塗装に戻されていて、2月に私が松島基地で見た時も2機とも白/オレンジのカラーだったんですけどいつの間に(^^;

 最後に今日の写真をいくつか並べておきます。 雰囲気だけでも伝わるといいんですが。
画像 画像

画像 画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

由羽
2006年04月09日 21:51
こちらは熊谷でさくら祭でした。
百里から通常色のヘリオスセブンジロが来て、
地上展示と救難展示を実施してました(笑)。
あるば
2006年04月09日 22:57
 おぉ、熊谷はさくら祭でしたか。 なんかブルーも気合い入りまくってたようですね。 桜も満開だったようだし。 ちなみに仙台の桜が咲くのはもうちょっと先になりそうです(^^;

この記事へのトラックバック