今度はポルシェだ

画像 モデナランボ2やアルファロメオ155、NISSAN R89C、カマロ等、車だけでも作りかけのキットがまだ沢山転がっているとゆーのにまた別のキットに手を出しちゃいましたよ(汗)

 てな訳でBAELさんにお付き合いして冷やし中華962C始めました。

 車はまずボディの塗装からとのセオリー通りにボディのパーティングラインを消してコンパウンドをかけ(普通の塗料はこんな事したら食い付きが悪くなるんですがフィニッシャーズを使う事を前提としてるもんで)ファンデーショングレー→ファンデーションホワイトの順で塗装・・・・・・と行きたかったんですが、両側のドアとリアカウルに大きなヒケがあったのでまずはそちらの修正から(^^; 例によってアルテコを盛り#2000までペーパーがけ→コンパウンド→水洗いと来て現在乾燥中。

 その間にリアウイングの組み立て&シャーシのパーティングライン消しをすませ、こちらも水洗いして乾燥中。 って、まだリアウイングはステー取り付け部の継ぎ目を消して無かった(汗)

 しかしこのハセガワのポルシェ962Cのカウルって所々ペーパーがけするのが怖いくらい薄い部分がありますね。 冗談抜きでカッターの先でチョンと突いたら穴が開きそうな所が何ヶ所かあります。



 それと静岡から帰って来てからこんな本を買いました。

画像 タイトル通り試作機や実験機等がメーカー別に1機種に付き見開き2ページで掲載されているんですが、EAPが掲載されているのにそれとは別にその量産型のTYPHOONが掲載されていたり、分類上は船のハズのエクラノプラン(カスピ海の怪物として有名な奴等)まで掲載されていたり(コイツ等だけはまとめて2ページですが(^^;)と掲載基準がよく分かりません(^^; そういえばF-2もFS-X(F-2)として掲載されています。 そうそう、TSR.2のページにあるイラストはメチャクチャカッコイイっすヨ。
 ハードカバー&オールカラー256ページながら意外と安かった(\1,775也)のでこのお値段ならお買い得かもしれませんね。 てな訳でここ2~3日は夜な夜なこの本を眺めてはデヘヘヘヘェ~と不気味な笑いを浮かべております(苦笑)

Concept Aircraft: Prototypes, X-Planes, And Experimental Aircraft (Aviation Factfile)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

BAEL
2006年05月29日 22:21
こんばんは~
おおっと、962製作開始ですね。なんか無理やりお付き合いさせちゃったみたいで申し訳ないす。カラ-リングはオムロンですか?あの塗装は956/962のあまたあるカラ-バリエ-ションの中でも、かなりク-ルで素敵ですよね。
製作記、楽しみにしてます。ってかそれを参考に私もハセガワの962作りますよ(笑)
あるば
2006年05月30日 07:43
 BAELさん、おはようございます。

 無理やり付き合ってるなんてとんでもない。 私の方も一人で作っていると途中で投げ出す可能性が高いので、一緒に製作して下さる方がいると助かります(笑) 今回はオムロンカラーにするつもりでいますが、もう1台買って来て別売りデカールで他のカラーリングも作って見たいなーなんて思ってみたり。

 しかしあちこちで反応がある所を見ると、こりゃ来年の静岡にはズラリとポルシェが並びそうですね(笑)

この記事へのトラックバック