ドラケン仮組み

画像 バッカニアの塗装やパテが乾燥するのを待ってる間にサクッと仮組み。

 YDCCさんトコの新谷祭り用って事でエリア88仕様にする事は決まっているんですがキットはJ35のF型とJ型のコンパチ。
 劇中でシンの機体はフィンランドでスクラップになっていた2機を合体させたと話していたんでベースはJ35XSって事になるんでしょうね。 STRIL60とファルコン関連の装備以外はJ35Fと同じとの事なんですが劇中では機関砲が胴体の両側面に付いてるんですよ。 実機はF型もJ型も右側面だけなんですがXS型は手元に資料が無いので不明(^^; 一部の輸出用の機体には左側面にも機関砲が搭載されているものがあるようなので両側に付いててもおかしくないんですが、エリア88という激戦区での使用を考えてマッコイ爺さんが機関砲を追加したって可能性もありますね。 ハセガワのこのキットもバリエーション展開を考えてキチンと左側の機関砲口のパーツも入っているんで劇中のシンの機体のように両サイドに機関砲口を付けるのは特に問題無し。 

 まだ大ざっぱにパーツを合わせただけなんですが、先に製作に入られているヒロシさんがおっしゃられていたように胴体後部とインテーク部分の合いがイマイチ。 特にインテーク部分なんてインテークのパーツと胴体の接合部分で断面形が違ってるような・・・・・・(汗) 胴体後部も接合部付近に細かなモールドがあるので慎重に修正しないと余計な苦労を負いそうです。
 とはいえバッカニアがコテコテなんでこっちはあっさり風味の"Straight From The Box"に近い感じで作るつもりです。

画像 塗装についてはウチにはデザート迷彩のキットってほとんど無いんでどうしようかと思ったんですが、そういえばタカラ(現タカラトミー)のエリア88のキットにデザート迷彩の機体が何機かあったなと思い出して密柑山からゴソゴソと引っ張り出してきました。 とりあえず塗装についてはコイツ等の塗装指示を参考にしようと思いますが、この中ではスカイホークが一番近いですかね?






画像 しかしこのドラケン、劇中ではX-29やF-5G(現F-20)タイガーシャークと並んでシンの乗機の代表格みたいな存在ですが、原作では4巻の後半~5巻に登場するだけで以外と活躍の場が少ないんですよね。 てな訳でとりあえずバッカニアと並べてみる(笑) やっぱりデカイなぁ(^^; > バッカニア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

magus
2008年04月06日 12:26
タカラトミーまで在庫あるなんて流石あるばさんっすね。
X-29の機関砲は劇中ではミラージュみたいな位置に二問あるのですが新谷センセの架空だろうから僕は現実味を重視して従来の機首に再現しました。
あるばさんの作るドラケンと同様、想像や設定を考えながら楽しんでいます。
あるば
2008年04月06日 19:53
 magusさん、こんばんは。

 タカラのエリア88のキットはMiG-27以外は全て揃ってたりします(笑) あの頃はエリア88に夢中になってたんですよね。 で、勿体なくて作れず今に至ると(苦笑)

 今回見たいなコミックスの機体を作る時なんかはリアルとフィクションの間で、ある程度自由に作れるので楽しいですよね。 しかしX-29は凄い勢いで形になってますね。 少しそのパワーを分けて下さい(笑)

この記事へのトラックバック