デカールの制作

 諸般の事情で二日ばかり作業出来なかったんで、ちと飛ばして行くですよ。 

画像 で、肝心のユニコーンマークですがIllustratorで制作中。 とりあえずプロトタイプを普通紙に印刷してみたんですが・・・・・・切り出せん(汗) ユニコーンの顔の部分が白の為、ホワイトデカールに印刷するつもりだったんですが、そうするとユニコーンの鬣(たてがみ)の部分に白い隙間が出来ちゃうんですよ。 で、モノが小さいのでやってやれない事は無いんですが切り抜くのが難しいと。 しかしインクジェットプリンターは白が印刷出来ないので(エプソンさん、プロセレクションシリーズで良いので白が印刷出来る顔料系のインクジェットプリンターを作って下さい。 そしたらすぐにでも買い替えます_(^^)_)クリアデカールに印刷すると顔の部分で下地が出てしまう・・・・・・ なら鬣部分をクリアデカールで作り、白い部分だけをホワイトデカールに印刷しキットに貼る時点で合成すればいいんジャマイカ。




画像 そうこうしているウチにドラケンが崩壊を始めました(汗) 横にあるユニコーンマークが普通紙に印刷してみたデカールのプロトタイプ。 まだ分割前です。










画像 バッカニアは現在スジボライズ中。 つか図面と照らし合わせてみて改めてキットのモールドのいい加減さを思い知らされました(^^; チェックメイトも作業は進めてますが、こっちは既に非常事態宣言が出されております(冷汗)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KWAT
2008年05月06日 15:37
 ほれほれ、諦めてMD買うが吉ですお。( ^ω^)

 真面目な話、図柄全体に白の下地がないと透けると思いますよ。

http://www.rose-ridge.com/shop-sintanikaoru01.htm
↑これのクルーセイダー用を使う、ってのは今さらですしねぇ。もう時間もないし、ここの管理人は今忙しくてテンパってますしww
あるば
2008年05月06日 16:43
 KWATさん、こんにちは。

 いや一応MD-1000はあるんですけどね。 消耗品の入手なんかも面倒だし、そろそろインクジェットに切り替えて引導渡そうかと(^^;

Rose Rigeさんも知ってはいたんですが1/48のバッカニア用はリリースされてないんで結局自作しなきゃいけないんですよ(苦笑) それにここらでデカール制作のノウハウを身につけておくと後々何かと便利でしょうし。 もし透けるようならデカールのデータからマスキングシートを作って、最悪下地に白を吹き付けるって手もありかと(^^;;;
taki
2008年05月06日 17:45
デカール自作ご苦労様です。
KWAT様もおっしゃられてるように
デカール全面を白に塗らねば髪も
発色しないことでしょう。
ここはひとつ、ユニコーンの輪郭の
外のデカールをドラケンの尾翼の
カラーで縁取ったデカールを作り
白デカールの上に貼ってみてはいかが
でしょう。

いつもペイントでちまちまデカール
データー作ってる身としては、イラス
トレーターが使えるのがうらやましいです。
あるば
2008年05月06日 18:20
 takiさん、こんばんは。

 お二人がおっしゃられていたように下地に白が無いとダメでした(^^; インクジェットのインクってあんなに透けるモノなんですね。 これはこれで何かしら使い道がありそうですが(苦笑)
 とりあえず白ベースでユニコーンのマークの周りをキットの塗装色と近い色で塗ってみようとおもいます。 一部グラデーションがかかってるんでちょっと難しいとは思うんですが(汗)

 イラストレーターとフォトショップが使えるのは昔取った杵柄とでも言うんでしょうか(^^; その昔、それ系の仕事をしてた時があるんで今でもバージョンアップしながら何とか使ってるだけです。 ドロー系のソフトは拡大縮小してもデータが潰れたりしないので以外と重宝してます。 今から買うなら私もイラストレーターではなくコーレルドロー エッセンシャルあたりにするでしょうね(^^;

この記事へのトラックバック