お買い物「F1 モデリング Vol.36」&「MS-models Vol.01」

画像 発売されてるのは知ってたので水曜日に大きな本屋に行ったものの空振り。 それならと近くの某ビデオレンタル店に行ってみたんですがこちらもスカ。 とゆー訳で結局通販で取り寄せました。 今回はいつもの密林ではなく(注文の時点で納期に時間がかかったり取り扱っていなかった為。 現在はどちらも数日中には入手出来るようです。)珍しく某コンビニ系のショップに発注。

 "F1モデリングVol.36"は126C2の特集。 となれば買わない訳にはいきません(笑) でも実を言うと私はこのマシンの事はあまりよく知らないんですよ。 だからこそ今回資料として購入したんですが。 私のF1の知識は例のF1ブームの期間だけなんでフェラーリなら640からF92ATまでと極狭い範囲に限られるんです。 でもこのマシンは有名だし興味はあったんでキットだけは購入してました(笑)

 一方"MS-models"の方はというと、そんな本は聞いた事無いなぁと思ったら新創刊された新しい雑誌だそうです。 しかし創刊からいきなりCカーの特集から入るかと思ったら以前発売されていた「Cカーの時代 総集編」という本からの流れなんだそうで。 しかしその「Cカーの時代 総集編」が売れに売れたっていうんだからCカーファンってかなりいるんですね。 なんて私もそのCカーファンの一人ですが(笑) もちろん「Cカーの時代 総集編」もしっかり買ってますよ。

 で、そのMS-modelsなんですが基本的には実車とミニカーの本です。 出来ればプラモデルやガレージキットあたりも網羅して欲しかった所ですが贅沢を言ったら限が無いですね。 実車の写真も豊富なんでCカーファンなら買っておいて損はないかと。 特集の方向性によっては毎号買ってもいいかな?なんて思ってます。 これでもうちょっと値段が安いといいんですが、わざわざ実車の取材に海外まで出かけて行ってるんだから妥当といえば妥当なのかもしれませんね。 何はともあれこれからが楽しみな雑誌です。


F1モデリング Vol.36 (36)
東邦出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック