エンジン周りの製作

 ノソリノソリと匍匐前進状態のポルシェ935ターボですが、何とかエンジンが形になりました。 でもこれ、こんなに苦労してるのにリアカウルを開けないと見えないんですよね(汗)

画像 とりあえず配管類は抜きの関係からか派手に穴が空いてるのでアルテコで埋めて成形。 エンジン本体はクレオスのシルバーを塗った後エナメルのフラットブラックでウォッシング。 でも薄め過ぎて拭き取ると何も残らず、あわてて塗り直したのはナイショだ(^^; 半透明の乳白色のパーツは塗装しちゃうと意味が無いので成形色そのままでフラットブラックとレッドブラウンでウォッシングのみ。 でもちょっとレッドブラウンがキツかったかな?




画像 で、補機類を付けて行くとこんな感じ。 まだこの後ターボユニット等が付きます。 ホント、進まねーなぁ(--;








画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Limahl
2009年02月26日 00:16
う”わ”~~、エンジンかっちょエぇ!!
これはリアカウル開けっ放しの脱いでも凄いです状態で展示しましょう。
あるば
2009年02月26日 07:39
>Limahlさん
 現物は突っ込み所満載なんでリアカウルオープンは勘弁して下さい(^^;

この記事へのトラックバック