1/32 RB-51 Red Baron / Fisher その2

 ボディや主翼のパテ埋め&ペーパーがけをしながらコックピット周りの組み立て。 の前に、パーツにプラサフを吹いておきます。 ホントはプライマーを塗った後にサーフェイサーを吹いた方が塗料の食い付きが良いんでしょうけどそこはちと手を抜きます(苦笑)

画像 計器板はこんな具合にメーターパネル部分のエッチングパーツの裏に計器類が印刷された紙を貼り付け、それを更にレジン製の計器板にはめ込みます。






画像 インストの指示がライトグレー一色だったんでその通りに塗った後に何気に資料写真を見たら床が木製でした orz てな訳でヒロシさんトコの記事を参考に木目を描いてみたけどダメダメですな(汗) まぁ練習無しのぶっつけ本番だったからねぇ。 次は練習してからやらないとダメですね(苦笑)




画像 主なパーツを仮組みするとこんな感じ。 この後軽くウェザリングしてから各パーツを接着します。 が、このキットは細かいパーツ類の接着位置の指示が全く無いんで悩みます。 インストの写真を見ても分かるのは右側のスイッチボックスと左側のスロットルレバー位ですし。 まぁコックピット内の資料があまり無い事もあり、コックピット自体割とアバウトな作りなんで適当でも良いんでしょうけど。 でもその割に左サイドパネル上にあるトリムダイヤル2つの内1つが取り外されている所が再現されてたりするんですよ(笑)
 あとインストには「レジン製のスロットルレバーを切り落としてエッチング製のパーツに付け替える事も出来ます」(意訳)とも書かれているけど付属のエッチングパーツにはそれらしい部品が見当たらないんで市販品を使えって事なのかな? シートや操縦桿は本体の塗装時にマスキングの邪魔になるので塗装終了後に取り付ける予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

jin
2011年01月26日 13:49
こんにちは、昨日youtubeで レッドバロンのスピード・ランの動画を見つけました。わりと最近うpされたみたいです。
http://www.youtube.com/watch?v=58wb-fAW8nQ&feature=related
少しだけコックピット内もあります。

関連動画から 墜落した最後のレースも見れます。
あるば
2011年01月27日 07:47
>jinさん

 情報ありがとうございます。 実はまともに動いているレッドバロンの映像は見た事が無かったので助かりました。 やっぱりこういう映像をみるとモチベーションがアップしますね(笑)

この記事へのトラックバック