1/32 Voodoo始動!

 いよいよ今週はリノのエアレース。 今年はストレガヴードゥーレア・ベアの3機が予選前から飛ばしまくってるようでかなりのハイスピードバトルが期待出来そうです。 復活したセプテンバー・フューリーも調子が良さそうだし、あのフューリアスも復活したんですよね。

画像 てな訳でそれに合わせてこちらも1/32のヴードゥーの製作を開始します。 今迄1/32のエアレーサーは2機程作ってきたのでこれで3機目。 なんですが先の2機はFisher製の出来の良いキット。 今回は初めて作るHeritage Aviation Modelsというメーカー製のキットなんですがこれがまた・・・・・・(汗)
 キットにはカラーのインスト(これがノズルが詰まったプリンターで印刷してるもんだからノイズが酷い(苦笑))や実機とキットの製作工程の写真が入ったCD-ROM、マスキングシート等が入った気合いの入ったキットなんですがこの気合いが空回りしてるとゆーかなんとゆーか・・・・・・(苦笑) レジン製のパーツの精度が今一つなんですよ。 キット自体も機体にはパネルラインのスジ彫りもリベットも無い(パネルラインとリベットはデカールで再現するようになってる(汗))。
画像 オマケに胴体の長さが左右で違ってたりするんでかなり苦労しそうです。 










画像 てな訳で・・・生け贄にタミヤの1/32 マスタングを用意しました(爆) レジンキットをベースに流用出来るパーツはタミヤのキットから奪い取るという製作スタンスで行きます。 もちろん流用したパーツは後でタミヤに部品請求してマスタングもキチンと作りますよ。 パーツ代がキット代を上回らない限りは(苦笑) しかし同じ1/32マスタングのキットなのにこの箱のサイズの違いは何?(^^;

 ちなみに完成目標は来年の5月。 静岡ホビーショー合わせです(笑) そんな訳でVoodoo以外のキットも平行して製作するいつもの同時多発製作方式で行きます。 そうしないと飽きるのよ。 そうやっても飽きるけど(爆)

"1/32 Voodoo始動!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント