1/32 Voodoo その3

画像 ブッた切ったヴードゥーの胴体パーツをテープで仮留めし、同じくテープで仮留めしたタミヤのマスタングの胴体と比較してみる。 主翼の前後長がかなり違いますな(汗) こんなに違うんでは主翼も胴体も流用は難しそう。 それにラジエターインテーク下面のラインもかなり違います。 こうなると流用出来そうなのはエンジンと小物類位かな?と思ったら長谷川迷人にエンジンはかなり弄ってるんで「ベースにはなるけどちょっと不安」と言われました(^^; あ、でもちょっと形を修正する必要がありますが尾翼周りは使えそうですね。 後は脚回りって所でしょうか? コックピットも流用出来るかな?と思ったんですが胴体の開口部を見るとこれもちと不安。 両方のキットのコックピットパーツを切り出して並べてみないと何とも言えないなぁ。

 画像 上から見るとこんな感じ。 ウインドシールド部分を別にしてもコックピット周りがだいぶ違いますね。










画像 そして主翼。 前後長が違う時点で既に流用が難しいとは分かっていたんですが念の為こちらもパーツを切り出して並べてみる・・・・・・・・・ 翼端をカットしてあるのは分かってるからいいとして、前後長どころか後退角まで違う。 まぁこの位なら誤差かな?とも思えなくもないんだけど(^^; でもこりゃホントに小物類位しか流用出来ないかもしれないなぁ。

 本格的な製作に入る前にかなりしっかり仮組みして製作方法を考え、更に現物合わせしながらでないと先に進めそうにないですね。 とりあえず両者の比較はこの位にして、次からはそろそろ製作に入ります。

"1/32 Voodoo その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント