テーマ:1/32 September Fury

1/32 セプテンバー・フューリー その5

 正確には”士”の字にするにはエンジンカウルを付けなきゃいけないんだけど、インストを見ると塗装後に接着するようになっています。 恐らく排気管なんかの関係なんだろうけど、実はここ結構隙間や段差が出てます。  てな訳で仮組みして修正方法を検討。 どうやらカウル上面のラインを合わせて下面の段差部分にパテを盛って修正するのが一番良さそう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/32 セプテンバー・フューリー その4

 ”士”の字になりました。 まだエンジンカウルが付いてませんがそれでも物がデカイだけに迫力ありますな。  胴体と主翼は擦り合わせをしたんですがどうしても隙間が空いてしまうのでパテで修正。胴体側面と主翼の間のヤスリがけには自在ヤスリが重宝しました。 けどこれって結構摩耗が早いですね。 目に見えてヤスリ部分が減っていきます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/32 セプテンバー・フューリー その3

 コックピット♪ コックピット♪ コクピットは明治・・・・・・って、んな訳あるかいっw てな訳でコックピットです(笑) 相変わらずアホなネタですんません(^^;;;  パーツはこんな感じ。 エッチングのレバーが付いてますがこのレバーが曲者でして・・・ インストにはどの種類のレバーをどの場所に付けるかまでは書かれてないんですよ。 不…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/32 セプテンバー・フューリー その2

 セプテンバー・フューリーもようやくまともな作業に入りました。  尚、セプテンバー・フューリーの記事の推奨BGMは"シェリル・ノーム staring May'n"の”射手座☆午後九時Don't be late”となっておりますのでCDをお持ちの方は今後ともこの曲を聴きながらこれらの記事を読んで頂けると現場の雰囲気が多少なりとも伝わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/32 セプテンバー・フューリー その1

 1/12のポルシェ935ターボは細かい作業がちまちま続いてて進行速度が遅く、ちっとも先に進んだ気がしないので気分転換に始めてしまいました。 が、いきなり失敗 orz  以前のレビューでも書いたように胴体パーツの後部上面、垂直尾翼直前の部分が裏から見ると光が透けて見える程薄くなってたんで裏打ちしようとポリパテを塗ったんですよ。 そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more